あたためてからお召し上がりください紹介

あたためてからお召し上がりくださいは4つの物語が収録されている短編集です。

 

甘く淫らな獣

鈴木愛奈(21歳)、ちょっとトロくて、ぼっとしていて、いつも仕事でミスばかり・・・そんな愛奈のミスに怒鳴り散らすのは、同じ課の先輩伊達一馬。

 

愛奈は伊達先輩を猛獣と思い、いつもビクビク・・・ホント大嫌って思っていたのに。

 

仕事帰り、エレベーターの故障から愛奈と猛獣伊達先輩は二人閉じ込められ、慌てる愛奈にいつもと全然違う伊達先輩。

 

優しく愛奈を抱きしめる。暗闇の中伊達先輩が優しく愛奈にキス、全てが優しくて愛奈も伊達先輩を受け入れる。

 

次の日、二人はまともに目を合わせられないほどの緊張感。一夜の関係で二人はお互いの気持ちを確認することに。

 

先輩にとって、愛奈はかわいくて目が離せない存在でした。

 

甘く痺れる、不?なからだ

菅野真由美、親族のみで経営している鈴木工務店に入社して2年目。社長の息子勝喜に恋をして2年。が、その弟三春にからかわれる毎日。

 

台風で二人は急接近。真由美は三春を意識してしまう。三春は真由美を振り向かせるのに必死にがんばる姿が印象的です。

 

あたためてからお召し上がりください

下北菫は20歳になりようやく厳しい父親から解放され、これから恋愛を楽しもうと・・・

 

突然父が婚約者永沼志郎を家に連れてくる。菫の会社の課長だった。強引な展開に戸惑う菫。4年間も菫に片思いしていた永沼。

 

大人の彼に惹かれていく菫。おとなしく彼のものになる菫がかわいいです。

 

貪る、身体

杏実・将太・壮ちゃん3人は幼馴染。壮ちゃんは将太の兄で昔っから冷血人間。

 

将太と付き合いつつ、壮ちゃんの初キスが忘れられない杏実5年分の愛が・・・激し過ぎる。4つのストーリー全てが短編で読みやすく、それでも微笑ましいく完結してます。