BLACK BIRD紹介

どこでもいるような女子高生実沙緒。幼い頃から、他の人には見えない奇妙な物が見える体質。

 

幼いころ「いつかきっとむかえにいくから・・・」という約束をずっと待っているひたむきな女の子。

 

実は実沙緒は、100年に一度生まれる仙果の娘であった。妖がその血を飲めば寿命が延び、その肉を喰えば不老不死になり、花嫁としてむかえれば一族に繁栄をもたらす・・・。

 

そんなある日、10年ぶりに幼いころずっと実沙緒を守ってくれた匡が隣家に帰ってきた。実沙緒の初恋の相手である匡の正体は、妖の天狗だったのです。

 

匡は、天狗族の嫡男である兄に傷つけられる実沙緒を守るため、天狗族の長になりました。そして実沙緒は匡から、自分が仙果の娘であることを教えられるのです。

 

実沙緒は、匡が自分に近づくのは、「花嫁に迎えれば一族は繁栄をもたらす」から、「私のこと 好きなわけじゃない」とずっと思っておりました。でも、匡が実沙緒を必死で妖怪から守る姿を見て、いつしか二人は本気に愛し合うことに。お互いを思う気持ちは普通の男女と同じです。

 

皮肉なことに、仙果の娘である実沙緒と天狗族の長の匡は、決して愛し合うことが許されぬ2人。

 

いけないとは分かっていながらも結ばれた2人・・・実沙緒は匡の子どもを宿しています。

 

こんなささやかな幸せが続けばいい、2人はそう願い、でも、仙果の娘は子どもを産むとすぐに死んでしまうことを知ります。絶望する実沙緒、どうしてよいのかわからない匡。2人行方は・・・。